TOP

ねこが食べてはいけないもの

ねこを飼っていると、人間のような気がして、自分が食べているものをあげたりしたくなります。しかし、人間が食べるものには、ねこに有害なものがあります。ねこは体が小さいですし、体のメカニズムも違います。ねこがかわいいのはよくわかりますが、ねこちゃんの立場に立って自制しましょう。

特に気をつけなければいけないことは、「塩分」「中毒」「富栄養」です。

(1)塩分
ねこには塩分は毒です。塩分の取りすぎはねこの腎臓に負担をかけてしまいます。しょうゆがついた食べ物や、かまぼこなどの練り物はあげないようにしましょう。

(2)中毒
あわび
あわびを食べると、皮膚炎になり、耳などの壊死が起きます。

においの強い野菜
たまねぎ、長ネギ、みょうがなどにおいの強い野菜は強い中毒を引き起こすので、あげてはいけません。そのものだけでなく、料理に含まれているだけでも危険です。これらの野菜を食べると、ハインツ小体溶血性貧血を起こしてしまいます。


脂分の多い魚
あじやいわしなどの脂分が多い魚は危険です。ビタミンEを一緒に食べないと、イエローファットという病気にかかってしまいます。

チョコレート
チョコレートをたくさん摂取すると中毒を起こします。



(3)富栄養
糖分の高いお菓子類は肥満の原因になりますから、与えないようにしましょう。

ねこの食事

日本では、ねこの好物は魚だと思われていますが、実はそうでもないのです。そもそも、ねこは肉食で、肉全般が好物なのです。特に魚に限ったわけでなく、牛肉も、鶏肉も好きです。

ねこはどんな食生活を送るのでしょうか?生後すぐの子ねこ時代は、ミルクが主な栄養源です。しかし、生後2ヶ月ごろには離乳して、基本的には何でも食べるようになります。

ねこの食事は、今ではたくさんのキャットフードが売り出されているので、迷うほどです。ねこの食事をどうするかは、人間と同じく「栄養のバランス」と「食費」を考えて選ぶようにしましょう。

キャットフードの種類は大きく、「ドライタイプ」「半生タイプ」「モイストタイプ」に分けられます。

ドライタイプは、乾燥したキャットフードで、保存期間が長い・価格が安い・便利という点で優れたキャットフードです。

しかし、乾燥している分、食べるときの分量はそれほどでなくても、胃に入ってから水分を吸い、膨張します。ドライタイプは食べすぎになる傾向があり、その点に気を配る必要があります。できるだけ、ねこが満足する分量で、摂取カロリーも超えないように配慮します。そのため、ドライタイプをいったん水などにつけて、ふやかしてからねこにあげるというのがよいでしょう。

モイストタイプは、普通に人間が食べる食品のようなキャットフードで、缶詰になっていることが多いです。味のバリエーションはとても多いです。開封すると腐りやすいなど、保存期間に注意が必要です。また、ドライタイプと比較すると価格帯は高いです。

半生タイプは、ドライタイプとモイストタイプの中間にあるキャットフードです。ドライタイプほど乾燥していなく、モイストタイプほど柔らかくないものです。半生タイプは子ねこから老ねこまで幅広い年齢層に食べさせられます。

これらの食事用キャットフード以外にも、間食的な扱いのキャットフードがあります。ねこ用ビスケットやジャーキーなどがあります。しかし、ねこには本来間食はあげないほうがいいので、気をつけましょう。

ねこの食事で一番気をつけるべきことは、「カロリー量」です。室内で飼うのでれば、それほどカロリーは消費しないので、よくカロリー計算して食事をあげるようにします。

ねこの家

ねこを室内で飼う人は増えていると思います。室内で飼うほうが、不要な怪我や病気にかからないため、長生きできます。

しかし、ねこの立場から言えば、室内飼育はよいものでないかもしれません。ねこが一度でも外で自由に過ごしたら、「外に出たい」「外に出たい」と隙をみて逃げようとします。特に大人になると、外に出たがるようになります。また、去勢・避妊をしていないねこほど外に出たがるといいます。

このように、ねこの立場に立てば外で自由に過ごさせてあげたいと思うかもしれません。しかし、最初に述べたように、ねこに健康に、長生きさせてあげたいなら、室内飼育がよいです。普通、飼いねこの寿命は14歳くらいといわれています。しかし、野良猫の寿命は6歳くらいなのです。

生まれてから、ずっと室内でしか暮らさず、自分のテリトリーを家の中・部屋の中だけだと認識させれば、ねこはストレスなく室内で暮らすようになります。生まれてから、すっと室内にいるねこは大人になっても外に行きたがらない傾向にあるといいます。

キャリーバック

ねこを連れて外出するときには、必ずキャリーバックに入れるようにしましょう。

普段は室内で飼っているので、特に必要性は感じないでしょうが、突然、動物病院に連れて行くこともあるでしょう。そのときにとても困るものです。

なぜ、ねこと外出するときには、キャリーバックが必要なのか?それはねこの習性に関係しています。ねこはテリトリーを強く意識する動物です。自分のテリトリーから離れことはとても強いストレスになります。

精神的に悪い影響があるため、病気のきっかけになるかもしれません。また、テリトリーから離れることで、パニック状態に陥り、連れて歩いているときに逃げてしまうかもしれません。外でねこが逃げるというのは、とても危険なことです。車に轢かれたり、野良猫になってしまうかもしれないのです。

以上のように、キャリーバッグはねこを飼い始めると同時に購入しておいたほうがいいでしょう。

よいキャリーバックの条件は、以下の2つです。

(1)十分な空間があるか
ねこがキャリーバック内で丸くうずくまったとき、まわりに十分なゆとりがあるくらいの広さが必要です。うずくまった状態で体勢を変えることができるようにしましょう。あまりに狭いキャリーバックはストレスになります。

(2)出入口やふたが丈夫かどうか
ねこがキャリーバックの中で暴れたとき、誤ってキャリーバックのふたや扉が開いたり、壊れたりしないことが大切です。いったん、ふたや扉が開いてしまえば、逃げ出してしまい、意味がないからです。

BBB

BBBBBBBBBBB